CLANNAD

2004年にKeyより発売された恋愛アドベンチャーゲームです。

PSP版は2008年に発売されました。初期のPC版とPSP版の違いはまずは主人公以外の登場キャラクターがフルボイスであること、もちろん設定によりボイスのオン、オフの切り替えは可能です。

オーソドックスな恋愛ゲームそのもので選択肢を選んでいき各キャラのエンディングをみるといった感じです。ストーリーは学校の問題児である主人公がヒロインや友達、その周辺の人々と交流していくうちに家族の大切さや友達の大切さを学んで成長していくというものです。前半は舞台となる高校で主人公は悪友である春原陽平とおもしろおかしく高校生活を遊びつつ、でも何事にも夢中になれずにただダラダラを高校生活を過ごしていきます、また父との関係も悪いです。この主人公の友人である春原というキャラクターが非常に面白くて私は何度も笑ってしまいました、個人的には彼の存在が前半ではとても大きかったです。

後半は主人公卒業後にメインヒロインと一緒に生活を共にして育ててもらった父に感謝をしたり、感動するシーンがどんどんきます。ネタバレになるので詳しいストーリーの内容は伏せますが本当に泣けます。私はこのゲームクリア後に終わってしまったという虚無感で1週間以上無気力状態になりました。感動したい、泣きたいという方にはオススメの1本です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク